腰だめ 腰撃ち【FPS用語集】

FPSゲームでは銃を構えてサイトを除く撃ち方と、普通に武器持っている状態でただ射撃ボタンを押すだけで出来る撃ち方があります。

このサイトを除かないほうの打ち方を「腰撃ち」「腰だめ」と言います。

特徴としては撃ちながらでも素早く移動ができるため、近距離遭遇戦によく使用されます。

その分、射撃の精度が落ちるので、中距離以降は向かないことが多いです。

腰撃ちとは

ADSはサイトを除くことになります。この際には何がしかのボタンを押すという操作が必要です。PC版ならば右クリックするなどです。

腰撃ちは直接射撃ボタンを押すことによってすぐに撃ち始められるので、遭遇戦に向いています。

ADSの利点はきちんと狙いがつけられることと、射撃時の弾のばらつきを抑えることができることです。とすると腰撃ちする意味が無いような気がしますが、ADSには移動速度が落ちるという弱点があります。

近距離の遭遇戦では素早い視点移動が必要になるため、移動速度が遅いADSでは敵の動きについていけなくなります。

近距離で大きく動く敵を捕らえるには腰撃ちのほうがやりやすいです。

相手も近距離では横移動してレレレ撃ちをしてくるので、それについていくためにも腰撃ちが必要になります。

腰撃ちの良い所はレレレ撃ちです。撃ちながらの左右の動きが速いため、敵からの被弾を避けやすく、撃ち勝つ可能性が高くなります。

使用する武器にも注意が必要です。マガジンの弾数が多く、腰撃ちの精度が良い武器を使用するのが強いです。ゲームによっても違いますが、たいていサブマシンガンを使うことが多いです。

またアサルトライフルやLMGでも腰撃ちしやすいゲームがあるため、そのゲームにあった武器で練習しておくのが良いです。

いろんなゲームで必須なテクニックでもあるので、覚えておいて損はないです。

腰撃ちの練習

シューターゲームの実戦で腰撃ちを練習する場合は、CODなど、狭いマップでリスポーンありのモードが良いですね。

マップが狭いため遭遇戦が多く、腰撃ちが有利なシチュエーションが多いため、必然的に腰撃ちせざるを得なくなります。

腰撃ちの精度が良い武器やアタッチメントをつけて、敵の頭の位置に画面中央のレティクルを合わせた状態で走り、敵が見えた瞬間に射撃ボタンを押す、ということを意識していると勝ちやすくなります。

ヘッドショットを意識すると初心者の方には当てづらいので、最初は胴体狙いで徐々にヘッドショットを狙うようにすると勝ちやすくなります。

また、スライディングで入りながら胴から頭にかけて腰撃ちでエイムをしつつ最後はADSしている、などにするとヘッドショットも当てやすくなります。

特にCODBO4ではサブマシンガンでスライディング腰撃ちが非常に強く、DPSの高い武器で一気に仕留めることができます。そのため、決まった時の楽しさやゲーム自体と相性が良いため、腰撃ちの練習がしやすいゲームでした。