ライトマシンガン(LMG)とは【FPS用語集】

ライトマシンガンとは

ライトマシンガン(軽機関銃)とは、一人で持ち歩きができる機関銃です。機関銃とは、弾薬を自動装填しながら連続発射できる銃のことです。もともと重機関銃と呼ばれる据え置き型の機関銃が作られたのですが、攻撃部隊と共に移動できる機関銃として軽機関銃が作られました。

light machine gunでLMGと略されます。

FPSで軽機関銃の特徴は、弾数が多いため連戦能力が高く、中・遠距離で戦いやすい武器です。

移動速度が遅く、ADS速度や、ADSしながらの移動速度も非常に遅く、機動力で戦う武器ではありません。

近距離でもきちんと使えば高火力なのですが、、咄嗟の遭遇戦は苦手です。

さらにリロード速度も遅いため、安全確保が重要になります。

ライトマシンガンの立ち回り

弾数の多さ(物によっては100発以上)を活かして、ある程度の距離を取りながら面を制圧する立ち回りをします。

ADS速度が遅いため、先に構えて待つ戦いになります。伏せる・しゃがむなどでADSをすると中距離・遠距離で狙いやすくなるので、そういったシチュエーションが強い場所で使います。

撃ち続けることで相手が前線に出づらくなるため、時間稼ぎもやりやすい武器です。

ただ、重い、動きづらい、いろんなことが遅い、ということで、マップを見つつ最適な場所に動く必要があり、初心者には扱いにくい武器でもあります。

タイトルとURLをコピーしました