インコースとは【野球用語集】

野球

インコースとは

ストライクゾーンのバッターから近い側を言います。インサイド、内角などとも呼びます。反対のコースをアウトコース、外角と言います。

インコース高めをインハイ、インコース低めをインローと言います。

体に近い部分のため、当てることができれば打球に力が入りやすく、長打になりやすいコースでもあります。

ただ、インコースに投げることにより、バッティング時に踏み込みづらくさせ、アウトコースを遠く感じさせることができます。

また、配球を単調にしないためにも、コースの変化は必要なため、どこかでインコースを投げることが多いです。

長距離打者は基本インコースを長打にできる人が多いですが、中には苦手にしている人もいます。

インコース高めのインハイにブラッシュボールを投げるなんてこともあります。

コントロールに自信のないピッチャーにとっては、バッターにぶつけてしまうかもという心理から投げづらかったりしますが、インハイでコントロールミスすると頭に当たってしまうビーンボールになる可能性がある注意が必要なコースでもあります。

長打を打たれるのが怖くてインコースに投げられずに真ん中付近に甘く入ってしまい、打たれてしまうなんてこともあります。

また、インハイから少し外れて真ん中寄りになると、これもバッターが打ちやすいコースになるため、そういったコントロールミスで打たれるシーンはよく見ます。

その他の野球用語

牽制、牽制球とは【野球用語集】
ビジターゲームとは【野球用語集】
右中間とは【野球用語集】
完封とは【野球用語集】
アウトとは【野球用語集】
敬遠(故意四球)とは【野球用語集】
サイドスローとは【野球用語集】
インコースとは【野球用語集】
ウエスタンリーグとは【野球用語集】
カウントとは【野球用語集】
タイトルとURLをコピーしました