トロール【FPS用語集】

トロール「troll」とは海外では荒らしを意味するスラングでして、そこから転じたのか、ゲーム内で他人に迷惑になる行為をしたり、利敵行為をする人のことやそんなプレイをすることを言います。

言うまでもないことですが迷惑行為なので嫌われますし、ゲームによっては通報されてそのままBAN(アカウント凍結)されることもあります。

trollの意味

英語の辞書を引くと、もともとtrollは渓流での流し釣りをする、という意味だったようで、それが俗語としてインターネット上での荒らしを意味するようになったようです。

日本でも「釣り」という言葉をスラングとして、インターネット上で人を騙したり嘘の情報で人を引き付ける、という意味で使いますが、海外でもそうなんだな~と、言語って面白いなと思います。

この辺りは相互に影響を受けているのか、独自に発達したのかどっちなんでしょうね。

荒らし行為

掲示板やSNSでもそうですが、ひたすら暴言を吐いたりする荒らしはたくさんいます。

人と人が関わるところにはある一定数存在します。

ゲームでもそうでして、ひたすら暴言を吐いたり、ひたすらピンを鳴らして音で阻害したり、わざと利敵行為を繰り返す人がいます。

利敵行為も色々ありまして、わざと敵に倒されたり、プレイせずに放置してわざと人数不利を作り出したり、わざと敵に位置を知らせたりします。

この人たちはそのゲームだったり、ゲームが提供する場だったりを壊す目的で荒らし行為をするため、かなり厄介です。

チーターやチーミングは不正な行為をして勝ちたいなどが動機ですが、トロールは完全なる嫌がらせなんですよね…。

どんなゲームにも一定数いますが、どちらかというと低年齢層が多いゲームで、トロール行為も多い気がします。この辺りはきちんと統計を取ったわけではないので一概には言えませんが…。

LOLなどではよくトロール行為を聞きますが、自分が色々プレイした中ではスプラトゥーンが一番多かったです。

PCゲームのFPSだとそこまで出会わないんですよね。チーターのほうが全然多い気がします。

FPSでもコンシューマーだとまた違うのかもしれません。

一番良いのは相手にしないことなのですが、そのマッチ自体は壊れてしまい、時間の無駄になってしまうのが辛いところです。