リフレッシュレート【FPS用語集】

ディスプレイが一秒間に何回映像切り替え処理を行えるか(何回画面を書き直すか)を表す数字のことをリフレッシュレートといいます。

単位はHZ(ヘルツ)であらわされます。

60Hzのディスプレイは、一秒間に60回の描画処理を行うことができます。

一般的な液晶ディスプレイはだいたい60Hzのリフレッシュレートになります。

リフレッシュレートが高いほど滑らかに表示されますが、ゲーム時体の処理がその数値に追いついていない場合は宝の持ち腐れになることもあります。

フレームレートとの関係

フレームレートというものがあります。

こちらは動画自体の1秒間のフレーム数を表します。

映画は1秒間に24コマです。

地上デジタル放送は1秒間につき60コマです。テレビに関していうのならば、それを表示させるディスプレイも1秒間に60回更新されればよく、標準的なテレビはリフレッシュレートが60Hzです。

ゲームでもフレームレートが存在します。

PCゲームの場合、そのPCの処理能力によってフレームレートは大きく変わります。

高性能なPCになればなるほど、フレームレートを上げることができます。

対人戦のシューターゲームを安定してプレイしたい場合は、144FPSのフレームレートを出したいところです。

ここでフレームレートとリフレッシュレートの関係が重要になります。

144FPSのフレームレートということは、1秒間に平均144コマの静止画像がディスプレイに送られます(ゲームの処理は一定ではないので平均という但し書きはついてしまいますが)。

もしディスプレイのリフレッシュレートが60Hzの場合、1秒間に60回表示の更新をしています。144コマ送ったとしても、60回しか更新していないので、半分以上は無駄になります。

どちらかが著しく高い・低いは、性能を発揮できなくてもったいないだけでなく、テアリングや垂直同期時のスタッタリングなど、プレイに支障をきたす問題が起きてしまいます。

フレームレートとリフレッシュレートを近い数字で合わせることが非常に重要になります。

高リフレッシュレートを実現するためには、その数値にあった高フレームレートが実現できるPCが必要になります。

リフレッシュレートが高いことによる利点

リフレッシュレートが高いほど、映像が滑らかに表示されます。

対人戦のシューターゲームをやる場合は非常に恩恵が大きいです。

リフレッシュレートが高いものと低いものを比べると、低いほうがかくかくしているのがわかると思います。

この現象を、PUBGやエーペックスレジェンズなどで考えてみると、リフレッシュレートが高いほうが有利なことが良くわかると思います。

例えば、遮蔽物の陰から敵がちらっと出てくる場面を想定します。

60Hzで見ている時は、コマ送りのように飛び飛びで出てくるわけですが、こうリフレッシュレートならば、滑らかに少しずつ出てきます。ということは、ほんの少しでも遮蔽物から出てくれば、すぐにいることがわかるわけです。

そのほんの一瞬の差が、勝敗を分けることがあるのが対人のシューターゲームなので、リフレッシュレートが高いほうが恩恵が高いのです。

自分のPCの環境はそこそこのCPUとそこそこのグラボを使っているため、たいていのゲームで初期設定でも144FPSを出せるため、ディスプレイのリフレッシュレートは144HZのものを使っています。

最初は60FPSの60Hzでプレイしていましたが、144HZにしたとたんに、PUBGでの索敵が非常にやりやすくなりました。ちょっとした動きが見えるようになったのです。

また、CODBO4では60Hzと144HZでどんな風に変わるか色々試してみたのですが、キルレが全然変わりました。

遭遇戦でも気づくタイミングがかなり早くなるので先に撃つことができ、撃ち合いの勝率も上がりました。

以下はnvidiaのフレームレートでの検証ですし、あくまでグラボを売りたいという宣伝ではあるのですが、高フレームレートでこうリフレッシュレートのほうが有利なことが良くわかるかと思います。

潜在能力を解き放とう – フレーム レートが高ければ、バトル ロイヤル ゲームを優位に進めることが可能

記事内にもありますが、ハイスペックのPC・GPUになると、240FPSのフレームレートを実現でき、それに対応する240hzのディスプレイもありますが、2019年時点ではこの環境は最高峰なので、お金もかなりかかります。

普通にプレイする分には少し割高なため、144HZあたりが手も出しやすく効果も実感しやすい部分かと思います。

まとめ

快適に対人戦をプレイするにはできれば144FPSのフレームレートが出るPCと、144HZのディスプレイが欲しいところです。

デバイスにお金がかけられる人は、絶対にこのレベルまでPCを引き上げたほうが快適にプレイできます。

ただ、そこそこお金がかかってしまいます。

普通にプレイする分には、60Hz・60FPSで十分なので、安価に済ませたい場合はそこで妥協もありです。

PUBGのゲームプレイ概要

  • リフレッシュレートはディスプレイが1秒間に何回表示を更新できるかを表すもの
  • リフレッシュレートの数値が高いほうが高性能
  • 標準は60Hz
  • シューターゲームで優位に立ちたいならば144HZ以上
  • 送られてくる映像も高フレームレートでなければ意味がない
  • リフレッシュレートとフレームレートを近い数字で合わせることが重要