エイム(aim)とは【FPS用語集】

エイムとは

エイム(aim)とは狙うという意味です。

FPSなどでは敵に照準を合わせることなのですが、敵に弾を上手く当てられること自体を「エイムが良い」と言ったりするなど、実際に当てるところまでを含む使われ方をされたりもします。

FPSでは銃撃で敵を倒すことが多くのウエイトを占めるため、エイムは非常に重要な要素になります。

ある一定の実力になるまでは、このエイムだけで上達できます。というか、ある一定以上のエイム力がないと、敵に勝つことができません。

しかしながら、ある一定以上に強くなるためには、エイム以外の要素(マップの理解度や立ち回り、判断力など)も求められるため、自分が成長するためにどの要素を優先的に訓練するのか、というのはなかなか難しく、エイムを優先するというのもありなのかなとは思います。

オートエイムが強いのはチーターと当たったことがある人ならばわかるわけでして。ただ、一部の最上位層はチーターにも勝てるわけでして、本当の強さというのはエイムだけではない、というのがわかります。

ただし、ほとんどの人は凡人なので、エイムを鍛えてそこそこエイム力がつけば、そこそこ結果もついてくるわけです。

FPSゲームでは基本であり、非常に重要な要素になります。

エイム練習

エイムは、自身の操作技術だけでなく、マウスのセンシ(感度)や画面のFOV(視野角)、ゲームの特性(弾速や弾道、リコイルコントロール)などでも大きく変わるため、誰にも当てはまるような攻略法はありません。

ですが、「マウスを意図した場所に素早く動かす訓練」というのはできます。

自分の肉体を正確に操作して、意図した場所にマウスを動かすことができればよく、そのための訓練が重要になります。

一番良いのは該当するゲームで用意されている訓練場みたいなモードを使うことと、そのゲームの実戦を行うことです。

特に、ゲーム内で「bot撃ち」が準備されているものは、エイム練習はそこで行うのが一番良いです。

エイム練習用のソフトもいくつかありますが、やはりそのゲーム自体をプレイすることが一番のエイム練習になります。

最近のFPSゲームは使い勝手の良い訓練モードが用意されているものが増えたので、ちょっとしたエイム練習もやりやすくなってきた印象です。

結局一番良いのは自身がプレイしているゲームと同じ環境で練習することで、それすなわちそのゲームをプレイすること、となるのですが…、という具合にこの話は堂々巡りになることが多いテーマでもあります。

タイトルとURLをコピーしました